八幡神到底是印度人還是中國人啊

[讀者回響]

『想請問,書中地34頁倒數第三行寫八幡神是「震旦國(中國)的靈神⋯⋯」,但第56頁最後一行又寫「本來是印度的靈神⋯⋯」,想請問是這兩者的差異是?』

これは作者冥利に尽きます。身為一個作者,遇到這樣認真的讀者真的是很感心的。不管書賣得好不好,這就是當初決定寫書的初心。

其實這個部分主要是來自14世紀時的宇佐神宮緣起書『八幡宇佐宮御託宣集』,也就是八幡神「出駕」時的記錄史料。其中在西元701年部中有這樣的紀錄:

『八 幡 大菩 薩済 度の 為に 唐土 に 向ひ 、又 帰り来 る 。北 辰の 神最 初に 天降 り 、小 倉山 に現れ 坐 ます 』

748年『神 託 す。 「古 吾は 震 旦 国の 霊 神なり 。今 は日 域 鎮 守 の 大 神なり。 吾は 昔 は第 十六 代の帝 皇 なり 。今 は 百 王 守 護の 誓 神なり 』

八幡神冠帶像
八幡神冠帶像

 

然後在書中一段未記載年份但是在朝廷的天文博士占卜出「鎮西大神由唐土歸向日本國之心」的紀錄中,有說某個七歲小孩突然「降駕」而離地七尺、講出「汝應知,吾在唐國為大毘盧遮那佛的化身,在日本國名為大日、普賢、吉祥。在宇佐神宮有我第一弟子釋迦如來、第二弟子多寶如來入定於大分宮,第三弟子為八幡大菩蕯」的話語:

『七 歳 の 男 子、 地 を 去 る こと 七 尺 に し て託宣す 。 「汝 は知 るや 。我 は唐 国 には 大毘 盧遮那 仏 の化 身な り。 日本 国に は 、大 日・ 普賢・ 吉 祥と 云ふ なり 。宇 佐宮 は 、吾 が第 一の弟 子 にし て釈 迦如 来、 第二 の 弟子 は、 大分宮 に 入定 して 在り 。多 宝如 来 なり 。第 三の弟 子 は、 八幡 大菩 薩な り』

而針對八幡神直接說自己是佛菩薩的託宣則更多:

571年『天 童と 現れ 言ま はく 。辛 国 城に 始め て八流 の 幡 と 天 降 りて、我 は日 本 の神 と成 れり 。一 切 衆生 、左 も右 も心 に任 せ たり 。 釈 迦 菩薩 の 化 身なり』

877年『大 分 宮神託 す。 我 日本国 を 持ん が為 に、大 明 神と 示現 す。 本体 は是 れ 釈 迦 如 来 の 変身に して 、自 在 王 菩 薩是れ な り』

天平年間『筥 崎の 神託 に云 く。我は 釈 迦 の 変 身 の 法体、 我が 母は 弥陀 の変 身の 女 体、 我弟 は観音 の 変身 の俗 体な り』

 

因為這些部分沒有提到中國,所以被認定為是來自印度的佛教神。

東大寺快慶作僧形八幡神像
東大寺快慶作僧形八幡神像

所以說,八幡神到底是哪裏人,其實是他自己說了算。嚴格來講,應該是說乩身說了算

無論如何,都感謝提出這個疑問的讀者好友。這些資料,也可以在日本山口大學的2014年科研成果發表公開資料中找到:

http://petit.lib.yamaguchi-u.ac.jp/G0000006y2j2/metadata/2014010119

講日本、說日本、日本說不盡!

 

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。